前へ
次へ

葬儀マナーをつぶさに検討すると

葬儀マナーをつぶさに検討すると、葬儀に持っていくハンカチの持ち方のマナーというものがあります。
それは男性と女性とで異なっていますから、その点、注意が必要です。
まず男性の場合ですが、黒の喪服の右か左のポケットの中にハンカチを入れておきましょう。
喪服の胸ポケットにハンカチをしまうと、まるで結婚式みたいに、ハンカチが派手に見えてしまうので、それは結局おしゃれとみなされてしまいます。
結婚式でも黒のジャケットを使う場合が多いので、この点、明確な区別をしておく必要があります。
つまり、葬儀マナーに照らし合わせて、葬儀の際には、持って行くハンカチはジャケットの右か左のポケットに入れます。
外からハンカチが見えないような注意が必要です。
そして結婚式では、胸のポケットに白色のハンカチを忍ばせて、おしゃれを楽しむのです。
これは臨機応変に判断するということの典型ではないでしょうか。
日本の伝統としきたりに照らし合わせて、葬儀に出席する前には、十分に服装などの点検をしなければなりません。

Page Top