前へ
次へ

葬儀マナーは服装がまずは第一です

遺族側の葬儀マナーとして服装があります。
葬式には服装のマナーがしっかりとあります。
喪主や遺族近親者ということになりますと通夜や葬儀、告別式においては礼装の喪服を用いて参列するということになります。
すぐに用意できない時には正礼装で問題はないのですができるだけ早くきちんとした洋服を用意するようにしましょう。
喪服の上からは喪章というものをつけることになります。
極端に決まりというものがあるわけではないのですがこれで遺族であるのかそれとも参列者であるのかということを判断したりすることにも使われたりします。
結構な人数が参列する場合きちんとした喪服を着てくるという人も増えているわけですから、いまいち関係者であるのかどうかというのがパッと見分からないことがあったりするからです。
そうならないようにするためにも喪章は遺族側であるならばつけるようにしましょう。
葬儀マナーは双方にあることになりますからお互いにしっかりと理解しておくことです。

Page Top