前へ
次へ

葬儀マナーに照らし合わせてハンカチを選ぶ

葬儀マナーに照らし合わせて、葬儀に出席する際のハンカチの色を決めなければならない場合があります。
一体どのような色のハンカチを葬儀に持参できるのでしょうか。
結論から最初に申し上げますと、それは白か黒で決まっています。
さらに申し上げますと、基本的には柄のない無地のハンカチを持参するというのが正しいマナーだと言われています。
例えば見た目が派手なストライプなどのようなハンカチを葬儀に持参することは、葬儀マナーに違反していると理解されています。
以上を総合的に判断しますと、葬儀に持参すべきハンカチの色は白か黒、そして柄のない無地のハンカチを選ぶのが、葬儀マナーに照らし合わせると正しい選択だと考えられています。
葬儀の席では、大切なご家族の一員をなくした家族たちの悲しみで溢れかえっています。
そんな大切な葬儀の雰囲気を、ハンカチの色ひとつで狂わせてはなりません。
葬儀に出席する際には、服装は黒の喪服で統一されていますから、そういう雰囲気を壊さないように、ハンカチの色ひとつとっても、 十分注意して選択すべきです。

Page Top