前へ
次へ

葬儀マナーに照らし合わせなくても

私たちは葬儀マナーに照らし合わせなくても、常識的に、葬儀に持参すべきハンカチの色は理解しています。
それは白色か黒色で決まっています。
できれば柄のない無地のものを選ばなければなりません。
そして素材としては、もらい泣きをした時に、その涙を全部吸い取ってくれるようなコットンという素材がベストです。
ここまでの条件を満たしているのであれば、それは、どこで購入しても良いのです。
お値段の高い、葬儀専門店のハンカチを購入する必要はありません。
リーズナブルな価格で購入できるコンビニなどで購入しても、何ら葬儀マナーに違反することにはなりません。
一番大切なのは、ハンカチの色と柄です。
どこでそのハンカチを購入したのかは、全く問題になりません。
ですから葬儀用のハンカチを新しく購入する場合には、経済面も含めて考えると、できるだけお安いところで購入した方が良いということになります。
絶対にしてはならないのは、小学生のように、葬儀に出席する際にハンカチを忘れたという事態です。
それだけは絶対に避けなければなりません。

Page Top