前へ
次へ

葬儀マナーとして宗派ごとの焼香マナーも理解を

順番が来たら何気なく行う焼香ですが、焼香にも葬儀マナーや作法があります。
頻繁に葬儀はあるものではないので、誰もがそんなに完璧な焼香をしているわけではありません。
宗派により焼香に対しての考えは違いますし、宗派により焼香の回数も異なるので、それぞれの宗派の焼香の葬儀マナーを知っておくことも必要です。
自分の心身を浄めるためといった考えは、浄土真宗特有の考え方なので、右手で少しのお香をつまんでおでこあたりにおしいただくやり方をしません。
通常であれば日蓮宗や真言宗ならば3回が一般的ですが、曹洞宗に臨済宗や浄土宗に天台宗などは、時に回数の定めなどは無いです。
仏教のみのやり方に受け止められやすいのが焼香ですが、キリスト教の場合だったら献香があります。
ルーテル教会やカトリック教会では、献香が行われることがあります。
粉状のお香を、仏事ではたくのが正式なやり方です。
宗教や宗派により焼香の作法の違いは多少はあるものの、立って焼香をするケースは多く、座って行うこともあります。

Page Top