前へ
次へ

仕事先の関係者が亡くなった時の葬儀マナー

訃報を受け取った時、葬儀に出るべきか否かを考える場合があると思われます。
故人との関係度合いによって、弔問に伺うべき場合もあれば、弔電などで済ます場合も出て来ます。
この葬儀マナーは非常に細やかな部分もあり、参列すべきか否かを一人では決めることが出来ない場合も考えられます。
そんな時は会社の上司と相談し、早やかかな行動をすべきです例えば、取引先の社長さん等の役員の方が亡くなった場合と、取引先の担当者が亡くなった場合では会社側の対応も違って来ることがあります。
また取引先との関係度合いによっては、葬儀の手伝いなどを申し出ることもあると思われます。
このような場合は葬儀までの時間も少ないことから、早めに弔問に訪れ遺族の方と相談することが良いでしょう。
人を出すことが必要ない場合でも、申し出たことで快く感じてくれるはずです。
そのため訃報が届き弔問した時に、お悔やみを述べるだけでなく、お手伝いを申し出ることも葬儀マナーの一つと知っておきましょう。
もし弔問が出来ない時には、代理人を立てると言ったことを行うことが良い方法になります。

Page Top