前へ
次へ

女性の足元葬儀マナーとして黒無地ストッキング

普段から洒落全開のカジュアルなお出かけ時とは異なり、葬儀参列時には足元まで服装は葬儀マナーを守らなければなりません。
TPOに合わせた服装を普段から大人は心掛けていますから、お葬式参列の際にもその場にふさわしい恰好をする必要があります。
女性の場合葬儀マナーとして足元はソックスではなく、黒のストッキングが基本です。
普段であればストッキングの色は好きな色で構いませんが、お葬式の時には無地の黒色を選びます。
真っ黒なタイツになると、色が黒くて濃すぎるストッキングという理解であり、マナー違反になりますので注意です。
少しだけ肌が透けるレベルの黒色を選ぶことであり、参列女子がみんな黒のストッキングの中で、柄入りで黒以外のストッキングでは周囲から浮いてしまいます。
参列者だけに限らずに、遺族や心親者の女性の足元も、肌色ではなくストッキングの色は黒色を選ぶのが一般的です。
正喪服の近親者は特に注意が必要であり、黒色で尚且つ無地のストッキングを必ず選びます。

Page Top